?

墓地選びに後悔しないためのポイントをまとめてご紹介します

遺骨

墓地を経営する団体によって変わってくる特徴とは

墓石

墓地を経営している団体は主に3種類あります。団体により特徴が変わってくるため、家族に合ったところを選ぶことが大切です。
1つ目の公営墓地は都道府県や市町村など、地方自治体が運営している墓地になります。都立霊園や町営墓地、市営などの種類があります。経営がしっかりとしているため、将来的に安心できるところが大きな特徴です。また墓地の管理料や使用量は安くなっています。
2つ目の民間墓地は民間企業が運営をしているものです。社団法人や宗教団体、財団から委託を受けています。宗派・宗旨は一般的に問われることはありません。また生前購入でき、空いているところかあれば自由に契約することが可能です。決めるときの制限が少ないため、さまざまな墓地の種類から選べるところが特徴です。
3つ目の寺院墓地は、お寺が自分の敷地内で運営しているものです。一般的にお墓を建てるためには、お寺の檀家になることが必要になり、宗派や宗教はお寺が行っているものを選ぶことになります。制限はありますが葬儀から法要、管理にかけて、しっかりとした対応をしてくれるため、子孫のことなど将来的に安心できるところが特徴です。
これらのように墓地を経営する団体によって特徴が違ってくるため、専門業者に相談をするなどして家族に合ったところを選びましょう。

線香

条件にぴったり合う墓地を探すには

墓地を探す時に、なんとなく「近いから」「チラシが入っていたから」などといった理由で決めてしまうと、あとから条件が違っていた、ということになりかねません。例…

Read More

墓石

墓地を経営する団体によって変わってくる特徴とは

墓地を経営している団体は主に3種類あります。団体により特徴が変わってくるため、家族に合ったところを選ぶことが大切です。1つ目の公営墓地は都道府県や…

Read More

読経

専門業者に墓地探しを依頼するメリットはサポートの充実があります

墓地を探す時には、専門業者に相談してみましょう。専門業者の多くは葬儀会社などが含まれており、墓地の場所の選定からお墓選び、さらに葬式から四十九日、…

Read More

Post List